赤ちゃんの便秘に悩むママに最適情報|症状を解消させる方法術

乳児

ミルクや離乳食づくりに

ベビー

不純物が取り除かれているピュアウォーターが赤ちゃんに使用する場合には最も適しています。健康に良いと言われている水でも、大人には問題が無くても赤ちゃんの内臓に負担をかけることもありますので注意が必要です。

» 詳細を読む

赤子が飲める飲み物

親子

ある程度大きい子どもや大人にとって水は当たり前のように飲む物ですが、赤ちゃんが飲む時には気を付ける必要があります。未発達な胃腸のことを考えられた専用の飲み物や、沸騰させてから常温で冷ました水道水を与えることが大切です。

» 詳細を読む

子供のお通じ改善のために

赤ちゃん

母乳と食事

赤ちゃんは、生まれてしばらくは母乳やミルクを飲んで育ちます。この頃は、1日に何度も便をすることが多いです。しかし、月齢が上がるにつれて、便の回数が少なくなっていきます。そして、離乳食が始まる生後半年頃に便秘になる赤ちゃんが増えてきます。今まで何ともなかったのに、急に便秘になることも多いです。その原因としては、離乳食によって水分摂取量が減少したことが挙げられます。便秘にならないために、できるだけ水分を多くとることを心がけると良いです。母乳なら回数を多くしてみたり、白湯や麦茶をスプーンで飲ませてみるなどの工夫で、解消されることもあります。もし、何日も便秘が続くのであれば、便秘3日目には小児科へ行くのが良いです。

誰でも起こりうること

水分をとっても、なかなか便が出ない赤ちゃんもいます。これは、赤ちゃんの体質も関係することがありますので、今後も便秘を起こす赤ちゃんは一定量出てくると思われます。最近は、サツマイモの成分が入った便秘解消のエキスを購入する人がいます。赤ちゃんのための便秘薬と言われていますが、栄養補給としてもあげられる成分ですので、気軽に買って試してみる人が多いです。また、赤ちゃん専用の浣腸も、ドラッグストアなどで販売しています。病院で診てもらうのが一番ですが、いざという時には赤ちゃん用の浣腸で便を出すのも1つの方法です。現在では、以上のような物が流通していますが、今後はオリゴ糖を多く含んだ商品などもたくさん出てくるものと思われます。

乳児のウォーターの重要点

赤ちゃんの手

赤ちゃんにあげる水はできる限り純粋な水を選択してあげましょう。気をつけたいこととして、水道に潜んでいる不純物があげられます。沸騰させてミルクをしっかり作るなどが一般的に行われています。赤ちゃんの安全のために不純物に気をつけることが重要になります。

» 詳細を読む

Copyright© 2016 赤ちゃんの便秘に悩むママに最適情報|症状を解消させる方法術 All Rights Reserved.