赤ちゃんの便秘に悩むママに最適情報|症状を解消させる方法術

ベビー

赤子が飲める飲み物

親子

生後3ヵ月まではミルクで

赤ちゃんに水をあげ始めても良いとされる時期は、生後3ヵ月以降といわれています。生まれたばかりの赤ちゃんは骨や関節なども未発達ですが、体温調節や胃腸も未発達です。なので、生後5か月〜6ヵ月までは母乳やミルクだけで良いとされます。水を飲み始めても良い時期になったからといって、全ての水を飲ませても良いわけではなく、水道水であれば一度沸騰させて冷ましたものを飲ませます。日本の水道水は世界的にも綺麗な方ですが、残留塩素が微量に含まれているので沸騰させて不純物を取り除きます。また、ミネラルウォーターは消化吸収で赤ちゃんの胃腸に負担をかけるのでは向かないものです。一番用意が楽な水は赤ちゃん用として販売されているもので、外出する時にも便利です。

冷たいものは避ける

どんな飲み物でも、冷たいものより常温かぬるいくらいのものが良いとされます。これは大人も同様ですが、冷たいものは胃腸を驚かせます。ちゃんと発達した健康な胃腸を持つ大人であれば耐えられますが、未発達な赤ちゃんにはとてつもない刺激になります。胃腸を弱くさせたり下痢を起こさせないためにも、常温かぬるいものを与えることが大切です。ただ、熱がある時には冷たい飲み物を適度なら与えても良いとされます。赤ちゃんに限りませんが、脱水も気を付けたいところです。赤ちゃんは自ら飲み物を飲むことができないので、大人が気かけることが必要です。おしっこの量や汗の量、温度などを見た上で水分が足りているかいないかを判断して飲み物を与えます。

Copyright© 2016 赤ちゃんの便秘に悩むママに最適情報|症状を解消させる方法術 All Rights Reserved.